教育理念

教育理念

地域の子ども達の「受験を通じた成長」を日米文化学院は実現させます。是非、おまかせください。

日米文化学院5つの特色

徹底した少人数制授業
生徒一人一人にきちんと対応し、かつ生徒同士が競い合うという要素を加味して、1クラス10名〜18名の編成を行ないます。多人数の授業ではなかなか質問も出来ず「一方通行」の授業になりがちです。かといって完全個別指導では生徒との「馴れ合い」も生じ、また、仲間との一体感、講師との「かけあい」の面白さなどを味合う事は出来ません。
そこで、生徒一人一人を大切にしつつ、緊張感を失う事の無い少人数による「授業」を基礎として指導を行ないます。もちろん進度に遅れがちな生徒や疑問点には授業外の個別指導により徹底的に御応えします。
自習室の常時設置とパソコン環境の充実
「家ではどうしても集中して勉強ができない」「疑問点はすぐに解決したい」という生徒の為に、私語厳禁の40席の自習室を設置しています。自習している際に疑問点が生じた場合は、気軽に講師室のドアをノックして下さい。担当講師が納得行くまで説明します。また、生徒用に20台のパソコンを設置しており、パソコンを用いた学習ソフト(ビットキャンパス)や映像教材による英検対策(無料)などの自習環境も充実しています。
検定試験の充実
当学院は英語検定試験・漢字検定試験・数学検定試験・日本語検定試験の実施校です。
言うまでもなく各種検定試験の重要性は年々高まっています。公立中学校では業者テスト等の偏差値を考慮してもらえませんが、検定試験結果であれば内申書記載の対象となります。さらにそれを受け取る高校および大学側でも地域格差のある内申点よりも検定試験の信頼度は高く、優遇措置を設けている学校も少なくありません。日米文化学院では、各検定試験の対策を無料で行なっています。また、英会話も手がける当学院では英検の1次のみならず2次面接試験対策も充実しており、圧倒的な合格率を誇ります。
入試情報等の充実
入試で合格するためには単に学力を高めるだけではなく信頼出来る最新の情報をいち早く知る必要があります。日米文化学院は県の認可団体である千葉学習塾協同組合をはじめ、通商産業省認可の全国学習塾協同組合などに加盟しております。そこで得られた最新の入試情報を常に生徒・ご家庭へとお知らせいたします。また、毎月の進研テストの実施、さらに成績上位者には駿台模試を実施する事で、生徒の皆さんの成績の確実な把握を行なっています。そして、年3回以上の保護者会(個別面談)や生徒との二者面談、また、例年開催される進学研究会による講演会等を通じて、生徒・ご家庭・塾との間で相互理解を深めると共に、充実した進路指導を行ないます。
定期テスト対策
公立高校入試においては学力考査の点数のみならず、内申点も加味されます。また、上位の入試を除き、私立高校入試は実質的に内申点のみで合否が決定するというのが現状です。そこで、定期テスト直前には、教科書準拠教材・対策プリント等を用いた試験対策を、授業時間は勿論、授業時間以外にも行ないます。確実に上位を狙えるだけの質と量を備えた定期テスト対策です。

日米文化学院の学習コース